忍者ブログ
  • 2019.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2019.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/11/14 10:32 】 |
2.生命の当面の目的。

当たり前のことであるが、目的が何にせよそれを達成するには死んでしまっては出来ない。

つまり真の目的が何であるか分からないとしても、「真の目的を達成するために生き続ける」ということが「とりあえずの目的」ということになる。

ここでは生命の存在する真の目的は分からないにしても、その一つ手前の「当面の目的」について語って行く。

ここで言う「生き続ける」というのは「遺伝子を伝えて行く」ということを意味する。
いかなる形であれ遺伝子が途切れることなく続いて行くということは、いつかは目的を達する機会に遭遇する可能性があるからだ。
逆に全生物の遺伝子が途切れるということは生命の絶滅を意味し、再びなにもない原始の海から数億年の時をやり直さなければならないということだ。
 

PR
【2010/01/14 23:33 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>